住友生命による学資保険の特徴

保護者の万一に備えて

もらえるお金
学資保険とは
入った方がいい?
学資保険の目的
家計の助けとなる
比較して選ぶ
学資保険の注意点
三井住友の学資保険
住友生命の学資保険
農協の学資保険

住友生命による学資保険の特徴

学資保険に入っておけば子供が将来高校や大学に進学する時にも慌ててお金を集める必要はありません。
一度に大量のお金を集めるのは家計に大きな負担を与えることになります。
場合によっては借金を背負う必要があるでしょうし、
そうなると、どんどん家計の負担が増えてしまいどうしようもなくなるでしょう。

そういった状況を避けるためにも、子供が小さい頃から毎月少しずつの保険料を払うことによって
学資保険に入れば、後で楽をすることができます。

子供が大学などにスムーズに入れるようにすることは子供にとってはとても重要なことですし、
親の側にとっても精神的に安心することができます。

さて、いざ学資保険に入ろうと考えた時には、様々な保険会社が学資保険を実施しているので、
どこを選べばよいのか悩んでしまうことになるでしょう。
そこで、ここでは住友生命が提供している学資保険についての解説をしましょう。

住友生命では18歳満期のプランと、22歳満期のプランとがあります。
18歳満期のプランでは、12歳と15歳の時に祝い金が貰えます。
22歳満期のプランでは、12歳と15歳、18歳に祝い金が受け取れます。
払込の期間を、12歳か15歳、18歳、22歳の中のどれかに選ぶことができます。

これは、例えば18歳満期プランであっても12歳までに払い込みを満了することができるので、
早めに保険料の払い込みを終えることができれば、返戻率が高くなるのです。

住友生命では、様々な保障が付いている標準プランと、あくまでも学資の資金を準備するために利用する貯蓄プランとがあり、
この2つの中のどちらかを選択することができます。

様々な保障があり、契約者に何か不慮の事故があった場合や、お子さんが死亡された場合などに、
払い戻しなどのお金を受け取ることができます。

住友生命の学資保険は基本的なサービスが揃っているので、
学資保険でどこの保険会社と契約するのか悩んでおられる方は候補の一つとして考えておくと良いでしょう。