保護者の万一に備えて

もらえるお金
学資保険とは
入った方がいい?
学資保険の目的
家計の助けとなる
比較して選ぶ
学資保険の注意点
三井住友の学資保険
住友生命の学資保険
農協の学資保険

三井住友の学資保険の特徴

学資保険は色々な会社が提供しています。
この数十年の間に大学の学費というのは年々上昇しています。
特に国立大学の学費の上昇するスピードは急速であり、
このため、大学生にとっては学費の負担というのが非常に大きなものとなっています。

そのため、学費をなんとかして工面するために奨学金を貰ったりアルバイトをするなどして、
何とかして大学に通っているという学生が多いです。

あなたのお子さんにこのような苦労をさせたくないと考えているご両親は大勢いるでしょう。
若いうちには苦労をした方がいいなどと言う人がいますが、しなくても良い苦労であればそれはしない方が良いに決まっているのです。
特にお金に関わることであれば、お金が不足していたり、足りない状況というのは非常に大きなストレスとなります。

大学生の本来の目的は学業に専念することなので、できれば、親が学費を払うことによって、
学生が勉強に専念することができる環境を構築してあげることが重要なのです。

様々な会社が学資保険を提供しています。
過去は郵便局ぐらいしかなかったのですが、現在では色々な保険会社が学資保険の業務に参入しているのです。

三井住友海上きらめき生命も同様であり、育英年金の付いた学資保険である1型と、
貯蓄性を重視している2型の2種類のタイプの学資保険を提供しています。

三井住友が提供している学資保険の大きな特徴としては育児相談サービスを行っていることです。
これにより、育児に関する相談をすることができるので、小さなお子さんがいるご家庭にはありがたい制度となっています。

学資保険の特徴としてはどのタイプの学資保険もお子さんが亡くなられた場合には、死亡給付金が支払われます。
育英年金が付いているタイプの学資保険では、ご両親に万が一のことが起こった場合は、
保険料が免除されて、保険が満了するまで毎年基本保険金額の6割の育英年金を受け取ることができます。
祝い金の制度もあります。

このように三井住友は様々な嬉しいサービスを展開しています。