保護者の万一に備えて

もらえるお金
学資保険とは
入った方がいい?
学資保険の目的
家計の助けとなる
比較して選ぶ
学資保険の注意点
三井住友の学資保険
住友生命の学資保険
農協の学資保険

学資保険を選ぶ際の注意点

学資保険に興味を持っている方は多いのではないでしょうか。
特に小さい子供を育てている親御さんたちは、これから先子供にかかることになるであろう教育費のことを考えたら
頭が痛くなる思いを抱いている方は多いことでしょう。

子供を育てるということは非常に多くのお金がかかってしまいます。
子供を一人育てるだけであっても家計に大きく響いてしまうのです。
昨今は不況が続いていますし、子供を育てるための環境もそれほど良くは無い状態が日本では続いています。

また、将来的にも自分がずっと働き続けることができるのか不安に思っているお父さん方は多いと思います。
もし、リストラされたり、あるいは重い病気にかかってしまった場合には
子供の教育費をどうしたらいいのか途方にくれることになります。

このように子供を育てるということは非常に困難な状況を招いてしまう恐れがあるのです。
そんな時に何か助けとなる点があれば安心できますよね。
それが学資保険なのです。

学資保険に入ることにより、子供の教育費を確実に準備することができて、
さらに様々な保障を受けることができる可能性も大きいのです。

ただし学資保険に入る際には注意をしておいた方が良いことが色々とあります。
それを説明しましょう。

まずは、学資保険で保障される内容と、自分が現在加入している他の保険の内容とが重複していないか確かめておきましょう。
学資保険の中には、様々な保障が付いてくるタイプの保険がありますので、
こちらの場合は、現在加入している別の保険と内容が重複していれば
余分に保険料を支払うことになってしまい無駄なので注意をしましょう。

他には、満期の学資金を受けたり、祝い金を受けたりした場合には
それが所得の対象となる可能性があるので注意をしておきましょう。
税金がかかってしまうことを知らずに、申告するのを忘れれば脱税をしていることになるので、気を付けておきましょう。

学資保険に関するデメリットはこちらにも載っていますが、
基本的に学資保険はきちんと注意して内容を確認すれば、特にデメリットになるようなこともないので、安心して良いです。