保護者の万一に備えて

もらえるお金
学資保険とは
入った方がいい?
学資保険の目的
家計の助けとなる
比較して選ぶ
学資保険の注意点
三井住友の学資保険
住友生命の学資保険
農協の学資保険

農協の学資保険とは

学資保険に入っておくことは子供のためはもちろんのこと、
ご両親にとっても将来の負担を減らすことができるのですから、非常に良いことです。
将来、子供の学費を払わなければいけなくなった時に慌てるのではなく、
子供が小さい時から、準備をしておくことによって、将来は安心してお子さんを高校や大学に通わせることができます。

昔から学資保険という制度は日本にもあったのですが、提供していたのは最近までは郵便局が主でした。
しかし、近年になると保険会社が学資保険を提供するようになり、
様々な選択肢がある中から学資保険を選択することができるようになりました。

その中でもここでは農協、いわゆるJAの学資保険についての説明をしようと思います。

JAでは学資保険という名称でサービスを提供していなくて、こども保険という名称で提供しています。
こども保険には大きく分けて4つの特徴があります。

一つは入学資金や学資金として祝い金を受け取ることができる保険です。
これをお子さんが幼稚園、小学校、中学校、高校、大学とそれぞれに入園や入学する時に受け取ることができるのです。
他の会社のサービスでは高校や大学に入学する時に祝い金を受け取れることが多いのですが、
JAでは幼稚園の段階でも祝い金を受け取れるのです。

別の特徴としては、掛け捨てタイプではないので、満期になれば満期共済金を受け取ることができます。

養育年金付きのこども保険であれば、契約者が万が一死亡したあり障害を持ってしまった場合には、養育年金を受け取ることもできます。
さらに以降の掛金を払う必要は無く、満期になれば通常通りのお金を受け取ることができます。

こどもが出生予定日の140日前から加入が可能なので、お子さんが生まれる予定のある方は、
JAであれば、事前にこども保険に加入をすることができるのです。

以上のようにJAが提供している学資保険は多岐にわたるお得なサービスが満載なのです。
是非とも加入を検討してみましょう。

▼クレジットカードで学資保険が払えるシステムも多くなってきているそうです。こちらのサイトでクレジットカードについて調べてみましょう。