保護者の万一に備えて

もらえるお金
学資保険とは
入った方がいい?
学資保険の目的
家計の助けとなる
比較して選ぶ
学資保険の注意点
三井住友の学資保険
住友生命の学資保険
農協の学資保険

学資保険に入った方がいい?

学資保険に入るかどうかを悩んでいる方がいると思います。
学資保険に入っておけば将来的にも子供の教育資金などに困ることはなくなるでしょう。
学資保険にいつ申し込めばいいのか
という疑問もあると思います。
こちらに詳しく書いてあるので参考にしてください。

様々なメリットがあります。

学資保険による様々なメリットについて紹介しましょう。

まずは、契約者が死亡した場合は以降の保険料が免除されるという点があります。
これが学資保険にとっては最大のメリットとなります。

仮に保険の契約者が死亡した場合には、最終的に満期の額資金や祝い金などを契約通りの額受け取ることができるのです。
学資保険ではなく貯蓄をしているだけだと、その時点で貯金をしていた額しか受け取ることができないので、
上記の点は大きなメリットとなるでしょう。

学資保険では確実に一定の教育資金を積み立てられるという利点があります。
教育資金をためておくためには、学資保険ではなく貯蓄でも良いのですが、貯蓄の場合には、
確実にお金を積み立てていくことが困難な場合があります。
学資保険という形だと、毎月一定の額が必ず徴収されるので、解約しなければ、
保険会社が提示したペースでお金を積み立てることができるのです。

また、学資保険は定期保険などのように掛け捨てではないので、満期になれば必ず満額の学資金や祝い金を受け取ることができます。
プランの内容によっては、中学や高校進学時に祝い金を貰えるシステムを採用している場合もありますし、
返戻率が100%を超える学資保険も存在しています。

他には、子供に何か怪我や事故、病気などが起こった際には医療保障を受けられるプランがあります。
子供が死亡した際の死亡保障を受けることができるプランも存在しています。
ただし、上記の保証が受けられるプランの場合は、通常の学資保険よりも保険料が上乗せされることが多く、
返戻率が100%を下回る可能性があるので注意をしましょう。

また、学資保険を解約した時にも一定のお金が戻ってくる場合があり、損をすることが少ないです。
以上のように学資保険には様々なメリットがあるので、是非とも入った方が良いでしょう。