保護者の万一に備えて

もらえるお金
学資保険とは
入った方がいい?
学資保険の目的
家計の助けとなる
比較して選ぶ
学資保険の注意点
三井住友の学資保険
住友生命の学資保険
農協の学資保険

学資保険とは

子供を育てるのには非常にお金がかかってしまいます。
一人の子供を大学に生かせるようになるまでに1000万円以上のお金がかかってしまうと言われています。
お金に不自由しないご家庭ならば何も問題はないのでしょうが、普通のサラリーマンの方ですと、
特に近年は長い不況が続いていますので、苦労をされている方は多いのではないでしょうか。

そんな方にオススメしたいのが学資保険なのです。

学資保険という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。
学資保険は基本的には生命保険と同じような分類をされる保険の一種です。
学資保険と子供保険の違いは何か?
こちらにかいてあります。

簡単に説明をすると将来子供が教育などにかかる資金のために満期保険金が、15歳や18歳の時にもらえるようになるのが学資保険です。
学資保険の良いところとは、例えば契約期間の間に契約者に何か不慮な出来事が起こってしまった場合は
それ以降の支払いが免除されますし、さらに満期の保険金を全額受け取ることができます。
また、育英年金を受け取ることができたり、子供に不慮の事態が生じたら医療費や死亡給付金を貰うことができる学資保険もあります。

以上のような説明を読むと学資保険はものすごいお得なように感じられるかもしれませんが、
様々な給付金が出るタイプの学資保険に関しては、返戻率が100%を下回ることがあるので、
元本割れしてしまうこともあるので注意をしましょう。

日本では学資保険を最初に行ったのは郵便局でした。
よって、今までは学資保険といえば郵便局であるというイメージを持っていた人が多かったですが、
近年では保険会社なども学資保険の業務に乗り出しています。
それぞれの会社によって当然学資保険の内容が異なりますので、よく吟味して選ぶことになります。

学資保険に加入をしておけば、両親や子供に万が一のことがあった時に、お金を受け取ることができます。
特に高校や大学は学費が高額になるので、万が一の備えをしておくのは大切です。
子供のための教育資金を積み立てられますし、返戻率が100%を超えるタイプのものもあります。