保護者の万一に備えて

もらえるお金
学資保険とは
入った方がいい?
学資保険の目的
家計の助けとなる
比較して選ぶ
学資保険の注意点
三井住友の学資保険
住友生命の学資保険
農協の学資保険

学資保険は比較して選ぶ

自分たちの将来の負担を減らすため、子供たちが確実に高校や大学に進学できるようにするために、
学資保険に入ることを検討している方は多いでしょう。

学資保険に入っておけば、確実に将来の子供の教育資金を溜めることができます。
自分で貯金をする場合だと、不測の事態が起こって貯金を切り崩す必要が出てくるかもしれませんが、
学資保険であれば強制的に毎月お金を積み立てることになるので、計画的に将来のお金を貯めることができます。

また、保険なので、ただお金を貯めているのではなく、様々な保障を受けることができる可能性を秘めているので、
安心して毎日の生活を送ることができます。

そんな便利でお得な学資保険ですが、今では様々な保険会社が学資保険を実施しています。
一昔前までは学資保険と言えば郵便局がやっているものしかなかったので、
その頃と比べると非常にたくさんの選択肢があり、便利な時代となりました。

しかし、その反面、どこの保険会社を選択するのかということが重要となってきます。
それぞれの保険会社は特徴的な学資保険を用意しているのでそれらを比較検討したうえで、
自分たちの家族に一番合っていると思われる学資保険を選択するようにしましょう。

まずは、そもそも自分たちに本当に学資保険が必要なのかということを考えるのは大切です。
どうして学資保険が必要なのかをはっきりとさせておかないと、
学資保険をどこの保険会社のものに入るのか決めることができないです。

学資保険に入ることを決めたのであれば、貯蓄型の学資保険に入るのか、保障型の学資保険に入るのかを決めましょう。
貯蓄型はシンプルであり、単純に満期になれば学資金と祝い金が入るという学資保険です。
保障型の場合にはそれ以外にも様々な保障が付いてくるので、現在加入している保険との兼ね合いもあるでしょうが、
どちらかを決めることになります。

次に満期の時期と額を決める必要があります。
高校入学時か大学入学時のどちらに受け取るのか、その額はどれくらいかを決めましょう。