保護者の万一に備えて

もらえるお金
学資保険とは
入った方がいい?
学資保険の目的
家計の助けとなる
比較して選ぶ
学資保険の注意点
三井住友の学資保険
住友生命の学資保険
農協の学資保険

学資保険でもらえるお金

皆さんは学資保険という保険があるのをご存知でしょうか。
実際に自分たちが大学や高校に入学した時にお金をもらったという方は大勢いらっしゃるでしょうし、
名前だけでも聞いたことがあるという方は多いと思います。

学資保険があるおかげで、学費を払う際にも困ることなくスムーズに学費を支払えたという方は大勢いるでしょう。
学資保険という保険があるおかげで、特に大学に通うことができているという方は大勢いるのです。

学資保険は子供が小さい頃に加入をしておけば、毎月少しずつ保険金を払うことによって、
最終的には満期になれば、大金を受け取ることが可能です。
また様々な保障が付いている学資保険があるので、色々な場面でお金を貰えることが多いです。

ここでは、学資保険に加入しているともらうことができるお金についての説明をしましょう。

まず、学資保険に加入する時に満期になったらどのくらいの額を受け取るのか決めることになります。
これによって、月々にどれくらいの保険金を支払うのかも決定されます。
この額は、満期になった時に受け取ることができます。

例えば、お子さんが国立大学に進学するのか、私立大学に進学するのかによって必要となる学費は大きく異なりますが、
将来の子供の進路を見越した上で学資保険の額を決定する必要があります。

また、お子さんが高校や大学に進学された時に祝い金を受け取ることができる学資保険も多いです。
この祝い金のおかげで、入学金や授業料以外にもかかってしまうお金の足しにすることができます。

他にも、学資保険の保障型の保険に加入している人であれば、様々な保障を受けることができる可能性があります。
たとえば、お子さんが怪我をしたり、万が一死亡した時には保障金が支払われます。

保険の契約者が働けなくなったり、不慮の事故で亡くなってしまった場合にも、
それ以降の保険金を支払うことなく将来的には満額のお金を受け取ることができます。
このように学資保険に加入することによってあらゆる場面でお金を受け取れる可能性があります。